寝る前に食べてはいけないもの、食べていいもの

マルバツ

要注意!寝る前に食べてはいけないもの

バツ

寝る前に食べてはいけないのがキャベツやブロッコリーなどのアブラナ科の食べ物です。

ビタミンが豊富でヘルシーなイメージがありますが、不溶性食物繊維も多く含んでおり消化に負担がかかります。

これらを食べてから寝ると、胃腸が休めないので睡眠の質の低下します。

またチョコレートも脳を活性化させるカフェインを摂取してしまうので避けます。

カカオの含有量が多いほどカフェインも多く摂取し寝る時間になっても眠気を感じない原因になります。

寝る前に食べていい?睡眠の質を高める食材

マル

睡眠の質を高めるのは、グリシンというアミノ酸を含んでいるイカです。

特にアオリイカとケンサキイカに多く含まれ、イカを食べると寝付きが良くなります

熟睡するため翌朝の目覚めが良くなり生活リズムが整います。

イカは揚げ物にしても美味しくなりますが、消化の負担を考えると揚げ物料理は避けるのが良いです。

咀嚼回数をいつもより多めに意識することでも消化を助け睡眠の質が上がります。

イカは噛みごたえがあるので満腹になりやすく食べ過ぎによる胃もたれも防げます。

空腹を我慢できないあなたへ!太りにくい食べ物

ダイエット

ダイエット中などで寝る前にどうしても何か食べたい時はヨーグルトや卵がおすすめです。

ヨーグルトの乳酸菌が腸内環境を改善し毒素の排出を促進するので痩せやすい体質になります。

腸は夜22時~2時に働きが活発になるので、寝る前に食べることでちょうど良い時に乳酸菌が腸まで届きます。

卵が太りにくいのは9種類の必須アミノ酸を全て含んでいるためです。

バランス良くアミノ酸を摂取すると脂肪を代謝する機能がアップします。

水分代謝も良くなるためむくみが気になりやすい女性にもピッタリです。

必須アミノ酸の1つであるトリプトファンは睡眠ホルモンのメラトニンが分泌されるのを促進する効果もあります。

半熟卵にすると消化スピードが速く栄養素もあまり損なわれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です