よい1日はよい睡眠から~ベット選び~

男の子

ベット選びの基本とポイント

選ぶ

ベッドにはシングルやダブルなど、使用する人の体の大きさや人数に合わせて様々なサイズが存在します。

このサイズ選びを最も重要視するべきでしょう。

ただ、部屋の間取りに対してあまりに大きなサイズを選んでしまうと、配置の方法が制限され、生活空間も狭くなるので注意が必要です。

素材選びも大切です。

頑丈なスチールフレーム製のものから、通気性が良くカビ対策にもなるすのこ製などがあるので、部屋とのコーディネートや目的に応じ、選んでいきましょう。

見た目もさまざまなタイプ別ベットフレーム

ベッド

最もベーシックなのが、ロータイプや脚つきタイプです。

安定感があり、デザインの多様性やマットレスとの相性も抜群です。

収納力を重視したいなら、引き出し付きのベッドを選べば下に季節物の衣類などを収納できます。

部屋のスペースが限られている場合は折りたたみ式やソファーベッドも有効な選択肢です。

寝心地は他のベッドフレームに比べると劣ることが多いのですが、寝心地のいいマットレスを選ぶことでカバーすることが可能です。

ベットフレーム、ランキング

グッド

安定して人気があるのが、脚付きタイプのベッドです。

マットレス一体型は一人暮らしの生活にもぴったりでしょう。

寝室の収納スペースが限られる場合、引き出し付きや跳ね上げ式のベッドが人気です。

一見すると収納があるとはわからないオシャレなタイプは、実用性とデザインを兼ね備えているといえるでしょう。

湿気の多い日本では、すのこベッドもポピュラー。

和室との相性も良く、布団での寝起きが辛くなる高齢者にも最適です。

来客用など、普段使い以外のベッドではエアータイプがランキング上位にきます。

空気を入れるだけで普通のベッドに負けず劣らずの寝心地を確保できる上収納にも困らないので、普段使いのベッドとして購入するのもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です